月別: 2014年4月

光回線ではないもう一つの選択肢

今やネット回線は光かWiMAXかの二極化が進んでいます。しかし、今日はそれ以外の第三の選択をおすすめしたいと思います。

それは、、ADSLです。え、今さらADSLと思われたかもしれませんが、ADSLをすすめる一番の理由は料金の安さです。通信の高速化にともなって、料金も比例して上がっていますが、はたして本当にそんなにスピードが必要なんでしょうか?

もし、スピードに特にこだわりが無ければADSLはかなりおすすめです。光と比べて料金の安いWiMAXでも最低3696円かかります。それに対してADSLは大体2000円くらいです。

しかも、あるサービスでは実質500円で使えます。そのサービスはホワイトBBと言って、ソフトバンクユーザー限定のサービスにはなりますが、月1500円で使い放題です。

さらにソフトバンクのスマホのパケット料金が毎月1000円割引されます。したがって、実質負担額は500円程度となるわけです。

でも、注意点などもあるので気になった方は下のリンクから見てみてください。

ホワイトBBの評判と注意点は?

モバイルWiFiルーターの勧誘を受けましたが・・・

実は私はauのユーザーなのですが、このキャリアでスマートフォンを利用しております。

また、スマートフォンをそのまま使うだけでなく、そのテザリングサービスを利用し、外出先でノートパソコンや無線LAN機能しかないタブレット端末等をインターネットに接続しています。

私の使い方では今のやり方が一番料金的にお得なのですが、最近KDDIの方からモバイルWiFiルーターの勧誘を目的としたダイレクトメールを受け取りました。

余り興味はなかったのできちんとは読んでいないのですが、それによれば確か、月2,3千円でモバイルWiFiルーターが持てるとの事でした。
そして、これの活用シーンの簡単な紹介文が書かれていたと思います。
正直、このダイレクトメールを読んで思ったのは、自分たちが提供しているテザリングサービスを利用している相手にこんなダイレクトメールを送り付けた所で、何の成果を期待しているのだろうかと言う事です。

今、私はテザリングサービスを2年間限定とは言え、無料で利用しています。モバイルWiFiルーターの契約を新たに結ぶ可能性は極小ではないでしょうか。

あるいは、このルーターにはテザリングサービスには無いメリットが存在しており、その為、そのメリット目的で新規契約を結ぶ方がおられるのでしょうか。

謎が深まるダイレクトメールでした。

フレッツ光は速度制限がなく快適に通信できます

日本のブロードバンドはNTTの光回線が圧倒的なシェアを持っています。その光回線の速度は今やフレッツ光ネクスト隼であれば1Gbpsと言われています。但し、このスピードは理論値でベストエフォートの数値です。

パソコンの性能も大きく影響します。
フレッツ光ネクスト隼であってもWiFiルーターを使用すれば300Mbpsになります。

一般的に動画を快適に見るには8Mbpsが必要であると言われていますからその点から見れば充分な速度と言えます。

電話通信回線を使ったナローバンドからブロードバンドであるADSLに、そして光ケーブルを使った光回線にと移行が進み始めた時期には数年で日本の大部分が光回線を使用するという予想がありました。

しかし、無線通信の発展が速く携帯電話からスマートフォンへと爆発的に使用者が増えました。
光回線はその速度が最大の魅力ですが無線通信のLTEは70Mbps~100Mbpsの速度で通信が可能です。従って、光回線の広がりは当初の予想程の事は無くなりました。

LTEの速度値はこれもベストエフォートの値である事に変わりはありません。
スマートフォンでの通信はデーター量が大きくなります。使用者が増えれば増えるほど通信速度は遅くなります。
従ってスマートフォンでの通信には一定の通信量を超えれば速度制限がかかります。

この点フレッツ光であれば通信量による速度制限はありませんからいつでも快適に使う事が出来ます。
又、フレッツ光にはセキュリティ対策ツールが標準装備されていますから安心して通信する事が出来ます。

お得な光回線の選び方

もしこれから光回線に加入するという時は、検討する時期が非常に重要です。できれば、決算期の給料日(25日)の前週の週末に家電量販店に相談しに行ってください。
キャッシュバックや特典が受けられることはいつ加入してもあまり変わらないのですが、その条件が多少ゆるくなります。

いわゆるオプションの契約が不要になったり、少なくて済みます。(店員さんが言ってました)
他にチェックすることですが、プロバイダー契約のほうもしっかりチェックすることをお勧めします。なぜなら、最近ですとOCNやYahooのどもそうですが、2年契約の縛りがあり、途中解約で契約解除手数料が発生する場合があります。

インターネット契約はフレッツ光などの回線とOCNなどのプロバイダーの両方の契約をする必要があり、別個の契約になってますので、あくまで2つの契約を結ぶことのなので、プロバイダー選びも重要です。

私は金額的な理由から途中から楽天ブロードバンドに変更しました。
回線はそのままでプロバイダーだけの変更も可能ですので、
違約金等の縛りがないタイミングであれば、お得なプロバイダーに乗り換えることも一つの方法だと思います。

知っているとかなりお得に使用できるのでいろいろ調べたうえで加入することをお勧めします。

家計の節約にルーター活用。

家でパソコンを使いますが、スマートフォンもしくは携帯電話とパソコンの両方をインターネット回線にそれぞれつなぐと結構な料金がかかってしまうので、家計には大きな負担になってしまいます。そこで、一つのモバイルWiFiルーターを使うことによってパソコンとスマートフォン、携帯電話の両方のネットを使うことが出来ます。

メリットはやはり料金で、スマートフォン、携帯電話のパケット定額料金を最低限のものに抑えることが出来ますので、月々数千円の節約になります。
デメリットは外出の際はスマートフォンと一緒にルーターも持ち歩かないといけないことです。バッグを持ち歩く女性ならともかく、携帯電話やスマートフォンをポケットに入れている男性は少々面倒くさいかもしれません。最近のルーターは小型なものもありますが、旧式のものなどは結構な大きさがあり、重さも常に持ち歩くには気になる重さのものもありますので、比較的外出の少ない主婦の方や自宅でのお仕事をされている方にはおすすめです。

携帯電話各社からもお手頃な月額設定のルーターが出ています。家族で複数契約すると割引になってさらにお安くなるプランもあります。この場合はかなりの節約になります。スマートフォン、携帯電話一台分くらいの金額は節約できますので、夫婦でのルーター二個持ちもおすすめです。

イー・モバイルを使用しています

会社でイー・モバイルのポケットWIFIを使用しています。
急な出張などで出先でインターネット接続を行うことがあるのですが、
イー・モバイルのポケットWIFIルータを使用して、インターネット接続を行っています。
便利な点としては、新幹線の中でも使用できることです。
出張時に一番時間を取られることは移動時間です。主に私は新幹線での移動が主なのですが、何時間も新幹線の中で拘束されてしまうため、
その時間がもったないと考えていました。
そこで、イー・モバイルを導入したところ、移動中の新幹線の中でもインターネット接続が可能であり、非常に重宝しています。
値段としては、2年間の縛りはあるものの、月4000円前後の値段で使用することが出来ます。
また、月7G以上使うと通信速度に規制がかかるなどといった制約もありますが、私の使用用途は出張先でメールの送受信やチャットで他のメンバーへ連絡を取る程度であるため、
それほど回線をヘビーにしようするといったことはないため、制限内で使用でき、得には気になりません。
例えば、YouTubeで動画をみたり、重たいファイルを送受信するようなことが必要な場合は、制限に掛かる可能性があるため、注意が必要と思います。