フレッツ光は速度制限がなく快適に通信できます

日本のブロードバンドはNTTの光回線が圧倒的なシェアを持っています。その光回線の速度は今やフレッツ光ネクスト隼であれば1Gbpsと言われています。但し、このスピードは理論値でベストエフォートの数値です。

パソコンの性能も大きく影響します。
フレッツ光ネクスト隼であってもWiFiルーターを使用すれば300Mbpsになります。

一般的に動画を快適に見るには8Mbpsが必要であると言われていますからその点から見れば充分な速度と言えます。

電話通信回線を使ったナローバンドからブロードバンドであるADSLに、そして光ケーブルを使った光回線にと移行が進み始めた時期には数年で日本の大部分が光回線を使用するという予想がありました。

しかし、無線通信の発展が速く携帯電話からスマートフォンへと爆発的に使用者が増えました。
光回線はその速度が最大の魅力ですが無線通信のLTEは70Mbps~100Mbpsの速度で通信が可能です。従って、光回線の広がりは当初の予想程の事は無くなりました。

LTEの速度値はこれもベストエフォートの値である事に変わりはありません。
スマートフォンでの通信はデーター量が大きくなります。使用者が増えれば増えるほど通信速度は遅くなります。
従ってスマートフォンでの通信には一定の通信量を超えれば速度制限がかかります。

この点フレッツ光であれば通信量による速度制限はありませんからいつでも快適に使う事が出来ます。
又、フレッツ光にはセキュリティ対策ツールが標準装備されていますから安心して通信する事が出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です